保険会社が破綻した場合、入っている生命保険はどうなるか

保険会社が破綻した場合、入っている生命保険はどうなるのでしょうか?保険会社が破綻した場合は、基本的に別の保険会社に保険契約は引き継がれます。もし保険会社で引き継ぐところがなかった場合は、引き継ぎが生命保険契約者保護機構にされます。そのため、契約が無くなったりする場合はないため安心しましょう。

しかしながら、契約が引き継がれる条件があるのでご紹介しましょう。

最大で責任準備金が10%減少になります。責任準備金というのは、将来的に保険金を支払うために、集めた保険料の中から積み立てている積立金のことです。
保険相談 口コミ

また、破綻した時から予定利率が引き下げられます。予定利率というのは、何%で集めた保険料を運用できるのか予測し、保険料をその分割引く場合の率のことです。

また、破綻した後、早期解約控除が一定期間はもうけられます。早期解約控除というのは、一定割合が解約返戻金から差し引かれることです。このため、高い貯蓄性の生命保険で、特に高い予定利率の時期に入っていたものは、年金額や保険金額が、契約した時よりも非常に減少してしまう恐れがあります。一方、掛け捨てタイプである医療保険や定期保険などの生命保険は、影響をそれほど受けません。

このページの先頭へ